人形のキャッツアイ

088-861-2455(AM10:00〜PM7:30)

ご予約・お問い合わせはこちらから

羽子板

 

羽子板
羽子板

羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っています。羽子板でつく羽の玉、あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。「子供が患わない」という意味が込められています。

破魔弓と羽子板は他のお正月飾りと異なり、1年中飾っていても特に問題はありません。3月はお雛様と、5月は五月人形や室内用のこいのぼりと一緒に飾れば、さらに豪華に見えることでしょう。

お正月に限定して飾りたいという場合は、他のお正月飾りと統一してはいかがでしょうか。飾りは、12月中旬までにご準備していただき、お飾りすると良いでしょう。ただし、12月29日は二重苦を意味するので避けましょう。大みそかに飾り始めることは、一夜飾りと呼ばれ、神様に失礼になるので気をつけてください。

<< 前のページに戻る

人形のキャッツアイ

〒781-8104
高知県高知市高須3-28-37
TEL:088-861-2455
FAX:088-861-2440
e-mail: shop@catseye.co.jp
営業時間 AM10:00〜PM7:30
店休日:火曜日
(節句期間中店休日なし)