人形のキャッツアイ

人形作家

清水久遊

雛人形作家 清水久遊 -Shimizu Kuyuu-

昭和13年愛知県生まれ。本名"清水 久美子"。18歳より人形製作を始め、昭和62年に有職雛工房「ひいな」を設立。生地の裏打ちには和紙の中でも耐久性に富む樹皮繊維の"こうぞ"を使ったりと、見えない素材の一つ一つにもこだわりを持つ。女性ならではの感性と常識にとらわれない柔軟な発想を強みとして、独自の世界観を築きあげてきた女流雛人形作家の第一人者。特に仕立て、裾の広がり、色合いに強いこだわりを持つ。
※【本仕立て】
実際に十二単を着付ける様に、雛人形に長袴(ながばかま)、単衣(ころも)、五衣(いつつぎぬ)、表着(うわぎ)、唐衣(からぎぬ)、裳(も)のと着せていきます。本仕立てで着付けてあるお人形は、袂(たもと)から覗けば一目瞭然で分ります。

人形作家

清水久遊作 ひな人形

  • 無垢(緑) [正絹・本仕立て]

    正絹高級織物。
    先染めの深い緑色の光沢感が 見るものを魅了する芸術的なお雛様。

    YouTube
  • 螺鈿 [正絹・本仕立て]

    螺鈿の煌きが特徴のお雛様。
    落ち着きの中にも衣装を引き立てる芸術的な逸品。

    YouTube
  • 菱花 [正絹・本仕立て]

    着物にダイヤ箔を使用したお雛様。
    絶妙な色合わせは女性ならではの繊細な美意識。

    YouTube

  • 人形作家

    平安寿峰

    有職京人形司 平安寿峰 -Heian Jyuhou-

    「変わらないものへの憧れ」品格ある美しい色と個性美の追求。古典回帰と時代の情感。先代の父は日本画家山田一郎氏、洋画家猪熊玄一郎氏に師事し教導を受け、後に京雛人形の創作に入る。 京都西陣の帯地を始めて雛人形のお衣装に使用するなど、斬新かつ華麗な作品を精力的に発表。 その父の名と作風を受け継ぎながらも、古代の染色方法で平安時代の色を再現した衣裳を発表するなど、 新たな試みにも取り組む。

    人形作家

    平安寿峰作 ひな人形

  • 糸屋輪宝 [正絹・本仕立て]

    正絹高級織物。
    三崩しと呼ばれる地紋に、金糸で仏具の輪宝を織り出した名物裂。

    YouTube
  • 草木唐織袋帯 [正絹・本仕立て]

    有職文様の最高峰と称される唐織技法で表現された格調高いひな人形。

    YouTube
  • 貝紫 [正絹・本仕立て]

    希少価値が高い染料を使用した着物。
    天然染料の紫が放つ美しい色彩がとても印象的なお雛様。

    YouTube


  • キャッツアイ TVCM

    人形のキャッツアイ -おひな様TVCM-

    世界に一つだけのおひな様

    You Tube

    人形のキャッツアイ -五月人形TVCM-

    全国選りすぐり五月人形

    You Tube

    人形のキャッツアイ -羽子板破魔弓TVCM-

    魔除け・厄除けのお正月飾り

    You Tube

    人形のキャッツアイのこころ

    人形のキャッツアイ

    ひな人形の歴史

    メニュー名